沿革|企業情報|一冨士フードサービス株式会社

 
1901年 大阪市福島区において、大衆食堂「一冨士」を開店
 
1927年 仕出・折詰弁当業務を開始
 
1928年 当時「出張賄い」と言われた集団給食業務を開始
 
1944年 広く関西において給食・仕出としての地位を固めていたが、第二次世界大戦の激戦化に伴い、一時閉店
 
1951年 食糧物資配給統制が解除され、仕出業務を再開
 
1954年 集団給食受託業務を再開
 
1958年 集団給食部門の拡充のため、給食部門を分離独立し「株式会社一冨士」を設立
 
1959年 大阪市福島区に本社社屋新設
 
1966年 業務拡張に伴い、仕入部材料倉庫、分荷配送上、冷凍冷蔵庫を新設
 
1967年 「三起食品株式会社」を吸収合併
神戸・姫路地区の拡充を図るため、神姫事業部を新設
中国・四国地区の拡充を図るため、岡山事業部を新設
「一冨士衛生研究所」を新設
冷凍加工食品を製造するため、食材センターを新設
 
1969年 関東地区進出の基盤として、東京事業部を新設。給食事業の全国展開への口火を切った
 
1973年 通商産業大臣賞受賞
 
1978年 滋賀県に仕入部配送センターを新設
 
1979年 東北地区へ進出
 
1980年 農林水産省食品流通局長賞受賞
 
1981年 創業80周年を迎える
 
1985年 京滋・北陸地区の拡充を図るため、京滋・北陸事業部を新設
大阪国際見本市会場にレストランを開店
 
1986年 九州地区へ進出
農林水産大臣賞受賞
 
1988年 大阪市福島区にレストランを開店
京都市中京区にレストランを開店
 
1989年 九州地区の拡充を図るために、九州事業部を新設
東海地区の拡充を図るために、東海事業部を新設
兵庫県川西市にレストランを開店
 
1990年 レストランビジネス強化を図るため、レストラン事業部を新設
 
1991年 創業90周年を迎え、記念式典開催。CIを導入し「株式会社一冨士」を「一冨士フードサービス株式会社」に社名変更
病院・福祉施設の給食業務の拡充を図るため、メディカル事業部を新設
東北地区の拡充を図るため、東北事業部を新設
 
1993年 香港に関連会社「IFSCO HongKong」を設立。レストランを開店
医療関連サービスマークの認証を受け、患者給食の充実を図る
 
1994年 香港で食材商社「近藤貿易」をM&A
 
1995年 「品川フードサービス株式会社」を設立
 
1996年 四国地区における病院・福祉施設の給食業務の拡充を図るため、メディカル事業部徳島事務所を開設
商品開発部東京商品センターを開設
衛生基準「HACCP」を導入
 
2000年 四国地区の拡充を図るため、四国事業部を新設
ISO14001認証取得(大阪本社地区)
「みどりフードサービス株式会社」をM&A。「アイフードサービス株式会社」と改称
 
2001年 創業100周年を迎え、数々の記念事業を開催
メディカル事業部の会社分割を行い、新会社「イフスコヘルスケア株式会社」を設立。100%子会社とする
紀水産業株式会社をM&A。100%子会社とする
「品川フードサービス株式会社」を100%子会社とする
「アイフードサービス株式会社」を吸収合併
ISO14001拡大認証取得(東京本社地区、京滋・北陸事業部事務所)
 
2002年 ISO9001、2000認証取得(大阪本社地区)
 
2004年 日清医療食品株式会社の100%子会社として新たなスタートを切る
 
2005年 本部制から支社・営業所制に変更など大幅な機構改革を図る
全国を北海道・東北営業所、関東支社、中部営業所、京滋営業所、近畿支社、中国・四国営業所、九州営業所の7ブロックに分ける
子会社の「品川フードサービス株式会社」を吸収合併
 
2007年 「株式会社オリエンタルビジネスサービス」を100%子会社とする
京滋営業所を京滋支社とする
 
2008年 ISO14001拡大認証取得(北海道・東北、中部、中国・四国、九州事務所)
 
2009年 全国の営業所を支社とし機構改革を図る
 
2010年 本社を大阪市北区梅田に移転
 
2011年 子会社の「株式会社オリエンタルビジネスサービス」を吸収合併する
 
2012年 関連会社の「アイビス株式会社」と合併する
 
2013年 関東支社を千代田区神田錦町に移転
 
2014年 札幌事務所を豊平区に移転
 
2015年 群馬事務所を新設
京滋支社を大津市に移転
 
2016年 関東支社、中部支社、京滋支社の管轄地域再編
イフスコダイニング株式会社の全株式を取得し、子会社化
ページのトップへ