ホーム > ご要望にお応えして

ご要望にお応えして|一冨士フードサービス株式会社

お客様のご要望にお応えして、ご満足いただけるソリューションをご提供いたします。ご要望の事例をご覧ください。

摂食嚥下リハビリにこだわりたい

嚥下能力が低下した高齢者が多い施設では、食事を気管に詰まらせることで起こる「誤嚥性肺炎」の予防が課題になっています。食べやすく、飲み込みやすい食事の研究が進められる中、「摂食嚥下リハビリに結び付く食を」という強い要望が寄せられています。

もっと食べやすい嚥下食を

自園給食を導入したい

子どもの偏食や肥満が深刻化する今、国を挙げて「食育」への取り組みが行われています。食を教育に取り入れることは、幼稚園、保育所などの幼児施設や教育機関の大きな課題。施設内に厨房を作り、毎日の給食を「食育対応」にしたいとのニーズが発生しています。

もっと豊かな食育を

心と体の健康につながる食堂を

働く人の健康問題は、企業の生産性と密接に関わっています。そのため、社員食堂を通じて社員の健康管理を行いたいという企業ニーズが生まれています。また、食堂で交わされる会話やコミュニケーションによって、心の健康を守りたいとのご要望もあります。

もっとヘルシーな食を

衛生面を徹底させたい

一度に多くの食事を作る学校給食では、何よりも衛生が重要視されます。厨房で働くスタッフ全員に衛生管理の教育を徹底し、給食を食べるお子様はもちろん、保護者、教職員の皆様にも安心していただけるクリーンな給食づくりが要求されています。

もっと安心の給食を

地域性を取り入れたグローバル対応の食を

ますますグローバル化する食。人材の多様化が進む中、食事にも国際対応が欠かせません。国によって違う食文化や味の好みに配慮しながら、日本の地域性を取り入れた料理や、地産地消の食材を使ったクオリティの高いメニュー展開が必要となっています。

もっとハイクオリティな食を

リピーターの方に喜んでほしい

同じ方が何度も足を運ばれることの多い企業の保養所やクラブ。ここにも、ホテル並みのサービスが求められる時代です。リピーターの方々や舌の肥えた方々に満足していただける料理はもちろん、ホスピタリティあふれる接客サービスが不可欠になっています。

もっとリピーターが喜ぶ食を

お問い合わせはこちらから
ページのトップへ