ホーム > トピックスページ

一冨士のSDGs「食を通じて未来の元気を創造」

 

一冨士フードサービスは、「すべてのお客様と信頼のネットワークを築き、感性豊かな人材を基軸に先進の技術とシステムで、心とからだにおいしい料理とサービスを提供し、社会に貢献する企業として、人の笑顔と活力を創ります」というミッションのもと、「未来の元気を創造する」企業として、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

笑顔と活力を創る食の提供|一冨士フードサービス株式会社

食の安全・安心の徹底|一冨士フードサービス株式会社

プロフェッショナルの育成|一冨士フードサービス株式会社

多様な人材の活躍推進|一冨士フードサービス株式会社

緊急時の事業継続強化|一冨士フードサービス株式会社

 

取り組み方針1「笑顔と活力を創る食の提供」

私たちの食事サービスで、お客様へ笑顔と活力にあふれる毎日を
お届けしていきます。

取り組み方針2「食の安全・安心の徹底」

厳格な衛生管理体制と食材管理体制のもと、食の安全・安心を
徹底していきます。

食の安全・安心の徹底

一冨士のSDGs

(取り組み内容)

衛生管理体制

食材管理体制

取り組み方針3「プロフェッショナルの育成」

調理技術とサービスに磨きをかけるとともに、思いやりの心をもつ
社員を育成していきます。

プロフェッショナルの育成

一冨士のSDGs

(取り組み内容)

人材育成体制

取り組み方針4「多様な人材の活躍推進」

社員が能力を発揮できる環境を整え、働きがいのある生き生きとした
職場を目指していきます。

取り組み方針5「緊急時の事業継続強化」

社員の安全確保とお客様への食事提供を継続できる体制を強化して
いきます。

緊急時の事業継続強化

一冨士のSDGs

(取り組み内容)

BCPに関する取り組み

SDGs(エスディージーズ、持続可能な開発目標)とは?

SDGs(エスディージーズ、持続可能な開発目標)

SDGsは、先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、2015年に国連サミットで採択されました。「誰一人取り残さない」という理念に基づき、飢餓や貧困、健康、教育、気候変動、格差など、幅広い課題を2030年までに解決するための行動計画であり、世界全体で明るい未来をつくるための17のゴールとより具体的な169のターゲットで構成されています。

一冨士フードソリューションシステム|委託給食サービス

一冨士フードサービスのCSRに関する取り組み|委託給食サービス

ページのトップへ