食材管理体制

確かな材料だけを、お届けする。

食材取引先を厳選しています

お客様に心から喜んでいただける食事をお約束するため、料理の源流である「食材」にもこだわっています。本社による一括大量発注というスケールメリットを生かしながら、当社の厳しい基準を満たした食材だけを、リーズナブルコストで調達しています。また、専門部署による定期的な食材衛生チェックも行い、安全な食材を供給しています。

本社の安全食材調達フロー

食材や取引先情報をデータベース化

1,500以上の仕入れ先とお取り引きしながら、商品の安全性を当社で即座に確認できるよう、納品元、生産地、原材料等の商品情報をデータベース化しています。これによって、食材のルーツを遡ることが可能となっています。

産地の情報をオープンに

お客様に安心して食事をしていただくために、データベース化した情報の中から、食材の原産国、地域を抜粋し、分かりやすい形で情報開示を行っています。

取引先への監査、抜き打ち検査を実施

食材取引先を訪問し、原料から生産まで全ての工程を定期的にチェックしています。また、食材の細菌検査、放射能検査なども抜き打ちで実施。国の定める基準値が守られているかどうかを厳密にチェックします。

常に鮮度の良いものをご提供

全国7カ所の拠点から
新鮮な食材を納品

食材の鮮度を保つためには、発注から納品までのリードタイムを短くする必要があります。
当社では、全国7カ所に展開する一括物流拠点のうち、最も近いところから各事業所へと新鮮な食材を配送。食材輸送にかかる環境負荷「フード・マイレージ」の低減にもつなげています。

全国7カ所の物流拠点

食材の交換、欠品にもすばやく対応

食事としてお出しするものに、傷んだ素材を使ってはならないとの考えから、食材の交換対応を迅速に行っています。また、欠品にもすばやく対応するなど、良質な食材をたゆまずご提供するデリバリー体制を組んでいます。

食材に関するご意見を本社で吸い上げ

食材には万全を期していますが、万が一、食材に関するクレームなどが寄せられた場合は、それを本社で確実に吸い上げ、いち早く対応・改善を行っていきます。

「地産地消にこだわりたい」という声にも対応しています

産地指定(保育所など)

食の安全性に対する関心が高まる中、身近な生産者が作った食材や国内産の食材に注目が集まっています。当社では、「国産だけを使ってほしい」というご要望にもお応えできるよう、全国に食材調達網を張りめぐらせています。

地場産食材

その土地特有の食材は、食べる人の郷土愛を育んでくれます。新鮮な地場産食材を調達するため、本社直轄の食材仕入れルートだけではなく、地元の食材を仕入れるルートも事業所ごとに開発し、地産地消への要望にお応えしています。

減農薬米(一冨士米圃場)

滋賀県甲賀市水口町にある一冨士米圃場。ここで栽培されているのが、滋賀県による「環境こだわり農産物認証制度」認証の特別栽培米「キヌヒカリ」です。収穫した米は、一部の事業所食堂に提供しています。
※「環境こだわり農産物認証制度」とは
化学合成農薬や化学肥料の使用量を5割以下に削減した農産物に与えられる認証。認証を受けるためには、あらかじめ生産計画の認定を受ける必要があります。

一冨士フードサービススタッフのコメント

食材会社との信頼関係から生まれる安心感をお客様に。

商品物流部 商品物流課 係長 中谷 智一

取引先は当社の厳しい基準をクリアした食材会社のみですが、ときには私どもが出向き、食材をチェックすることも。緊張感を保ちながら信頼関係を築くことで、安全な食材の安定供給につながっています。また、お客様にもっと満足していただくために、ニーズや時代の変化にもきめ細かく対応。アレルギーフリー商品、地産地消、減農薬野菜などの充実化を進め、お客様には私どもの取り組みや安全性を分かりやすい文書でご提示しています。

一冨士フードサービススタッフ
ページのトップへ